攻略

ダビストで三冠馬を育てるためのイロハ

オススメ競馬無料情報

ダービーストーリーズのストーリーでは、第5話に「クラシック三冠」を達成するというものがあります。

クラシック三冠とは1頭の馬で「皐月賞」「日本ダービー」「菊花賞」に勝利することを指します。

Sランク以上の馬を生産することができれば「皐月賞」と「日本ダービー」を制覇することはそれほど難しくはないのですが、最後の「菊花賞」が難関です。

ここでは、クラシック三冠を達成するためのオススメの生産・育成方法について説明していきます。

鍵を握るのは距離適性とスタミナ

まずは、クラシック三冠の舞台をおさらいしましょう。

時期
皐月賞:3歳4月後半
日本ダービー:3歳5月後半
菊花賞:3歳10月後半

コース
皐月賞:中山芝2000m(右・坂)
日本ダービー:東京芝2400m(左・坂)
菊花賞:京都芝3000m(右)

前述したように勝つのが難しいのが菊花賞です。3000mへの「距離適正」と、長距離を最後まで走り切れる「スタミナ」が重要になってきます。

また、当然ながら”芝適正”や”坂への対応”なども必要です。他にも、成長パターンが早熟だと菊花賞を迎える前に衰退期に入ってしまうので三冠の達成は困難です。

そこで、三冠を取るための様々な条件を満たしているオススメの繁殖牝馬と種牡馬を紹介したいと思います。

オススメ繁殖牝馬

現時点でオススメの繁殖牝馬は下記3頭です。

スタミナがSかつ適正距離が3000m以上の繁殖牝馬は現時点で「ネヴァーエンド」しかいないようです。その他の条件も三冠を取るために申し分がなく最も有力です。

長距離に対応している繁殖牝馬はあまり存在していないので、自家生産で作っていくのも良いでしょう。

オススメ種牡馬

現時点でオススメの種牡馬は下記7頭です。

スタミナがSかつ適正距離が3000m以上の馬は現時点で「ハーツクライ」「ダンスインザダーク」の2頭です。特にスピードもAAランクのハーツクライには期待が持てます。

繁殖牝馬に比べると長距離に対応している馬が多いので、前述したようにこれらの種牡馬を使って、長距離対応の自家製の牝馬を作るのも良いかと思います。

実際に三冠獲得にチャレンジ

本ページ内で最もオススメしている繁殖牝馬「ネヴァーエンド」と種牡馬「ハーツクライ」の組み合わせで三冠獲得にチャレンジしました。

この2頭の組み合わせはトニービンのクロス(インブリード)とサンデーサイレンス系×ノーザンダンサー系のニックスが成立しています。

生まれてきた仔馬はSランクでしたが距離適性は3000mに届かずで、芝〇の坂▲になってしまいましたが、充分に可能性はあるのでこの馬で育成をしていきます。

※なお、この後に同じ配合で何頭か生産したところ、AAもしくはSランクになることが多く、距離適性も最初から3000m超えの馬が多数出現しました。

三冠達成までの育成記録

三冠達成までの能力推移

菊花賞を勝つにはいくら能力が高くても距離適性が3000mを超えてなければ厳しいので、最初にプールを6回しなければならなかったのが痛手でした。

前述したように、その後実験的に同じ組み合わせで種付けを行った際、初めから距離適性が3000mを超えている仔馬が何頭も誕生したので、初期段階から距離適性が3000mを超えている馬で馬でチャレンジすれば、もう少し余裕を持ってエサも消費せずに達成できると思います。

ただ、この組み合わせで早熟系の仔馬が誕生する可能性は極めて低く、長く活躍してくれることが見込まれるので、最終的にはゴールドもダイヤも回収できるでしょう。

菊花賞の頃には能力はほぼ限界まで上がっているので、後は馬なり調教を中心に飼葉でやりくりすることが可能です。

実際に今回の馬もその後にBCターフや凱旋門賞で勝利し、総賞金は30億ゴールド以上、年度代表馬にも三回選ばれたことでダイヤを9個獲得しています。

育成のポイントとしては、距離適性を3000m以上にすることを満たしたのち、とにかくスピードとスタミナをMAX値にまで引き上げて下さい。その他の能力はさほど重要ではないので、余った時間でこなしていけば良いでしょう。

さらに、レースに関しては、無理に出走させる必要はありません。三冠だけを目標にするならば、今回の例のように最低限のレースのみで使う形で問題ありません。

是非、今回のやり方を参考にして頂ければと思います。

オススメ競馬無料情報

関連記事

  1. シンボリルドルフ産駒で三冠馬が誕生!

  2. ダビストで課金せずに強い馬を生産するための5つの手順

  3. ダビストで勝ちまくるための騎手選びのポイント

  4. ダビストのおすすめブローカー【保存版】

PAGE TOP

攻略

シンボリルドルフ産駒で三冠馬が誕生!

配合

ダビストの配合のやり方【基本編】

配合

ダビストで瞬発力配合を成立させる方法

配合

ダビストでオススメの低ランク繁殖牝馬

配合

ダビストでトリプルニックスが成立可能な繁殖牝馬