攻略

シンボリルドルフ産駒で三冠馬が誕生!

オススメ競馬無料情報

第二回クラブランイベントで4倍のポイントがつく「シンボリルドルフ」の産駒からSSランクの馬が誕生しました。

シンボリルドルフはパーソロン系の種牡馬ですが、現時点でパーソロン系と相性の良い系統は判明しておらず、ニックスの成立はほぼ不可能です。

また、古い血ということもあって、インブリードの成立も簡単ではありません。

さらに、スピードがAAランクのため(ダビストで最も重要な)スピードがある馬が産まれにくく、SSランクの割りには使いづらい種牡馬だと言えるでしょう。

ニックスもインブリードも難しいとなればシンプルにランクの高い繁殖牝馬と組み合わせるのが良いです。

ただ、スピード不足を補いたかったので、短絡的な考えではありますが母馬には「ルマーカーブル」を選びました。

ルマーカーブルは繁殖牝馬セールで登場する馬の中で唯一のスピードがSランク(SSランクはいない)の馬です。結果的にSSランクの馬が誕生し3冠を制覇することもできました。

それぞれのレースでの結果を細かく見ていきましょう。

皐月賞の結果

皐月賞は余裕で勝てるパラメータですが、距離適性が2200m以上だったこともあり、それほど差をつけて勝てませんでした。

日本ダービーの結果

皐月賞時からパラメータは大きくは変わっていませんが、距離適性範囲内になったことで余裕の勝利です。

菊花賞の結果

日本ダービーまではスタミナが低くても勝てますが、菊花賞はスタミナが最重要です。菊花賞まではダート調教を中心にしました。

結果はそれなりに着差をつけての勝利でした。(2着はシンボリルドルフでした苦笑

オススメ競馬無料情報

関連記事

  1. ダビストで勝ちまくるための騎手選びのポイント

  2. ダビストで三冠馬を育てるためのイロハ

  3. ダビストのおすすめブローカー【保存版】

  4. ダビストで課金せずに強い馬を生産するための5つの手順

PAGE TOP

攻略

シンボリルドルフ産駒で三冠馬が誕生!

配合

ダビストの配合のやり方【基本編】

配合

ダビストで瞬発力配合を成立させる方法

配合

ダビストでオススメの低ランク繁殖牝馬

配合

ダビストでトリプルニックスが成立可能な繁殖牝馬