育成

ダビストの調教ではスピードとスタミナを徹底的に鍛えよう!

オススメ競馬無料情報

ダービーストーリーズでは調教をすることによって「スピード」「スタミナ」「瞬発力」「気性」「勝負根性」「スタート」「距離上限値」の能力値が成長します。

どの能力値を重点的に伸ばしたら良いのか、もしくはバランスよく伸ばしていった方が良いのか悩む方も多いと思います。

結論から申し上げますと、ダビストでは「スピード」「スタミナ」を徹底的に鍛えるのが得策です。

実際に同じランクの馬で「スピード」と「スタミナ」を重点的に鍛えた場合とそれ以外の能力を重点的に鍛えた場合にどのような差が出るのかを実験してみました。

スピードとスタミナを鍛えたケース

スピードとスタミナを重点的に鍛えた場合、上記の画像にあるよう4連勝でG1馬となりました。

重賞レースまでは富士河ナミや濱口俊介でも余裕で勝利することができました。

スピードとスタミナ以外を鍛えたケース

逆にスピードとスタミナ以外を重点的に鍛えた場合はG1だけではなく、G3レースでも勝つことができない結果になりました。

さらに、条件レースを勝つのにも武豊騎手が必要になっています。

以上のことからも、ダビストでは「スピード」と「スタミナ」を徹底的に鍛えることに専念した方が良いです。

育成の参考にして頂ければと思います。

オススメ競馬無料情報

関連記事

  1. ダビストの調教のやり方【基本編】

  2. ダビストの調教で馬の素質を伸ばす7つのテクニック

PAGE TOP

攻略

シンボリルドルフ産駒で三冠馬が誕生!

配合

ダビストの配合のやり方【基本編】

配合

ダビストで瞬発力配合を成立させる方法

配合

ダビストでオススメの低ランク繁殖牝馬

配合

ダビストでトリプルニックスが成立可能な繁殖牝馬